酵素ダイエット

酵素って何か知っていますか?

現代人は体が疲れ切っています。
朝目覚めた時から体が重い。なんとなく頭痛がする。足腰が重い。食欲がない。

このようにスッキリしない体でも一日を乗り切っていかなければなりません。現代人の体は恐ろしいほど不健康なのです。現代人の食生活も関係していますが、「酵素」が足りないことも深く関係しているようです。酵素は人の健康にとって大変重要なカギを握っています。体内の酵素が不足すると体調不良につながります。様々な病気の原因にもつながるのです。酵素を毎日しっかりととれている人は寿命も長くなるようです。

酵素はすべての生き物、動物にも人間にも存在しています。


体内で起こる代謝や消化などは酵素がなければ上手く働くことは出来ません。この酵素は人によって一生の生産量が決まっているようです。決められた量しか生産することが出来ないので、消化や代謝のために酵素がどんどん消費されていくと酵素不足になってしまうことも。

今、この瞬間にも酵素は消費されています。また年齢とともに酵素は徐々に減少していきます。消費する酵素量を出来るだけ少なくして、外部から酵素を補えば、酵素を体内にとどめておくことができます。体内で生産された酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」に分類されます。

消化酵素は言葉の意味そのままで、食べ物を消化するための役目の酵素です。代謝はエネルギーの消費や排せつなど、体内で起こる反応に対する役目。老化を抑えて健康体でいられるのも酵素のおかげです。代謝酵素が十分ないと、健康状態が損なわれます。

頭痛や肩こり、下痢や便秘、生理痛などの諸症状ももしかすると酵素が足りないことが原因かも。酵素は体内で生み出すことには限界があります。足りない分は外部から取り入れましょう。食物酵素を取り入れることで補うのです。

酵素は野菜や肉類をそのまま食べるだけで簡単に得られるものではありません。加熱処理をしたものからは酵素を取り出すことは出来ません。菜や野菜や果物から取り入れることができます。加熱処理をしていないことが重要です。また、睡眠不足も酵素の大敵です。

食事と同じように睡眠は人が生きていくうえで大切なこと。睡眠時間中に代謝作業をしたり、酵素を生産する時間になります。不思議なことに、起きている間はなかなか進まない作業も、睡眠中はどんどん作業が進められていくのです。睡眠不足が続くとお肌が荒れたり、頭痛が起きたりするのも酵素が足りていないことが原因だったのです。
 
...